注目の海外ファンド

今、プライベートバンカーが注目している海外ファンドは
ベトナム・中国・インドそしてマカオだそうです。
ベトナムは2000年に新しい株式市場が創設されました。

GDP成長率もなかなか高く今後の成長が期待されています。
インド株は2005年に1年間の上昇率が50%を超えたものもあるなど好調な運用成績。
しかし、一方では過熱気味のブームを警戒する動きも少なからずあるのが実際のところ。

インドが急成長

そうはいえども、インドは今後10年以内にGDPでイタリアを抜き、
15年以内にイギリスを抜き、2040年には世界第三位の経済大国になるといわれています。
若年層が非常に厚く、その人たちが今後年齢を重ねていくにしたがって、消費活動の中心に躍り出てきます。これは、経済成長という観点からすれば、きわめて理想的で、これにより株価は上昇すると見込めます。

今後もインド経済は発展し続け株式相場も上昇するのは間違いないと思われます。

リスクを乗り切れるかがカギ

ベトナム・中国・インドなどに共通して言えることは、投資信託を買ったら短期的に見ればリスクは高いのですが、そこのところをグッとこらえて持ち続けることです。

これらの国は長い目で見れば有望といえる期待できる国です。
長期保有が原則なのです。

相場急変!その対応とは

損失の未然防止
取引に必要な保証金以上の損失を拡大させないために設けられているに、マージンコールと言う警告ルールがあります。ここで追証を行えば警告は解除されますが、更に保証金が目減りすると・・・。
相場急変の救世主?
同一の銘柄(通貨ペア)の空売りと現物の買い(信用の買い)を両方同時に立てる投資方法を『両建て』といいます。「両建て」することにより、買いと売りの為替変動による差益・差損が相殺され、、、さて、それは真実でしょうか?