長期投資の戦略

長期株式投資は数ヶ月~数年間の期間で投資を行うことをいう場合が多いです。
長期投資は、企業業績や事業内容、財務内容に対する「株価の水準」を
投資対象選択の判断基準にしましょう。

具体的な銘柄探しの方法は・・・



  • 割安株や成長株の企業業績や財務などをよく調べる

  • 自分なりの「妥当な株価」を仮定する。(例:PBR1倍など)

  • 実際の株価を見て下回っていたら買い


気に入った銘柄を実際に購入した後、株価が予想通り上がってくれれば、キャピタルゲインを得るために売却し、株価が思ったように動いてくれず、下落してしまった場合は、安いところで買い増して、徹底的に買い下がっていきます。

FXの長期戦略

FXをスワップ金利で比較
証拠金取引を長期で運用する場合、第一の狙いはスワップ金利。上手くいけば為替差益も得られますが、会社選びのポイントはスワップ金利が高いことです。
スワップ金利を狙え!
FXでの中・長期運用では、投資期間を数ヶ月~1年程度のスタンスで考えると、スワップ金利と為替差益を同時に狙えます。長期トレンドを読むのがコツ。

長期投資の長・短所

長期投資を行うメリットは、優良企業の株を安値で買うことができ、
企業と長期で付き合っていくことができることです。

一方、デメリットとしては、企業の業績悪化で損をする可能性がありますし、
すぐに株価が上昇するかは分からないので、資金が少ない人には不利になることがあります。